トリキュラーとジェネリック・副作用で水分をため込む?

長い間世界中で広く経口避妊薬として親しまれてきたトリキュラーには現在ジェネリック医薬品が存在します。トリキュラーのジェネリック薬はその名をラベルフィーユといい、ジェネリックですので当然有効成分、効能はトリキュラーと同じとなっています。
トリキュラーは避妊薬としての利用方法以外にも、生理痛やPMSの軽減、生理予定日の変更、ニキビ・肌荒れの改善などの目的で使用され、副効果として卵巣がんの予防にもなるとされています。
様々な利点の多いトリキュラーですが、医薬品ですので当然副作用はあります。
トリキュラーの副作用としてあげられるのが、吐き気や頭痛、不正出血、むくみなどです。これらはどれも3か月ほどピルの服用を続けると軽減され自然と消失するものが多いのですが、時には体質に合わずいつまでも副作用が消えない場合もあります。この場合はピルを別な種類に変更するのが適切な手段です。
これらの副作用のうちむくみがなぜ起こるのかというと、トリキュラーに含まれる黄体ホルモンの影響です。黄体ホルモンは体に水分をため込む作用を有しており、これによってむくんでしまうのです。水分は体にとって必須のものですから、むくむからと言って水分摂取を抑えるのは危険です。脱水症状の危険もありますし、尿結石や膀胱炎になりやすい人はこれらに罹患してしまう可能性もあります。
もし、むくみが気になるようでしたら、お風呂の中やふろ上がりにリンパマッサージをしてむくみをとるよう心掛けたり、むくみ対策用のインナーや靴下を着用することでむくみを抑えるよう対策してみてください。
最初のうちは手間でしょうが、2、3か月もすればむくみの副作用も取れてきますので、それまで様子をみながら継続してください。