トリキュラーの働きとジェルについて

低用量ピルであるトリキュラーは、正しい服用により避妊対策になります。トリキュラーの働きは避妊だけではなく、女性特有の悩みのサポートにもなります。トリキュラーと働きとしてほかにも、月経周期を安定化しやすくさせることができます。こうしたトリキュラーの働きを上手に利用することで、望まない妊娠を防いだり、月経による辛さを緩和したりすることにも役立ちます。気軽に入手できるかというとそうでもなく、市販品ではないため、必ず医師の処方が必要となる医薬品です。

男性が行う避妊としてコンドームが定番ですが、ジェルを使用する方法もあります。画期的とも言われる避妊方法は、インド人研究者により開発された、ベイサルジェルになります。ポリマーヒドロゲルを、精子が通る輸精管へ注入するやりかたです。ジェルの使用については、特に年齢制限は設けられてはいません。精子にポリマーが作用することで、避妊手段として役立ちます。ホルモン剤などは使わない方法であるため、処置時間はほんの15分程度です。そのあと3日後くらいから効果が出ると言われています。

ジェルによる方法ですが、もしも元に戻したいと思ったら、注射でポリマーを溶かすことで元に戻すことができます。元通りになるまでには、2ヶ月から3ヶ月くらいの期間で戻ることになります。ただこの方法は、実用化されるまでには、まだ少し時間がかかると言われています。避妊をする方法は、コンドームを使用することや、女性のピルを服用するという方法もあります。男性側のコンドームは妊娠を防ぐだけではなく、病気の感染などを防ぐなどの手段にもなります。女性側だけに任せることなく、男性側も避妊に対して知識を持ち、対応していくことです。