避妊に失敗!負担が少ない新緊急避妊薬とトリキュラー

普段セックスの時の避妊方法としてコンドームを使う人は多いと思います。しかし、うっかり中で抜けてしまったり破けてしまったり、最悪な場合パートナーが協力してくれず付けずにセックスをしてしまったということもあります。
そうした場合、妊娠したかどうかは次回の生理がくるまでわからないのですが、妊娠・出産が許される環境であればよいのですが、もしまだ妊娠・出産を望んでいない場合、うっかり妊娠した、では困ります。中絶するにしても母体には危険が伴いますし、一つの命を軽々しく扱うことは人として問題があります。
もし、避妊に失敗してしまい子供を望まない場合は、迷わずすぐに婦人科を受診しましょう。悩む時間はありません。できるだけ早く受診することが重要です。というのは、避妊に失敗しても妊娠を防ぐ手段があるのですが、タイムリミットがあるからです。
モーニング・アフターピルと呼ばれる薬を性交後72時間以内に1回目を服用、2回目をさらに12時間後に服用すると妊娠を高い確率で防ぐことができます。これは緊急避妊法とよばれ、女性ホルモンを含有する薬を飲むことで妊娠を防ぎます。
従来はこのような2回飲む方法だったのですが、近年新しい方法が認可され、新緊急避妊と呼ばれます。この新緊急避妊薬は従来が2回服薬だったのに対し、1回だけの服薬で避妊効果を発揮します。新緊急避妊薬は体調の面でも優れており、従来の方法が吐き気などの副作用が強く出たのに対して、こういった副作用が少なく、仕事などで体調を崩すわけにはいかない人にも適しています。
避妊に一度失敗して怖い思いをしたのならば、次回からこういったことのないようにトリキュラーなどの低用量ピルを普段から服用することをおすすめします。トリキュラーは安全性の高いピルで、体調への影響も少なくなっています。トリキュラーで普段から避妊をしておくことで、安心してセックスも楽しむことができます。